気になる事を書くブログ

2020年

11月

25日

定期テスト

 

各中学校各学年共にこの時期の定期テスト数学は

 

「図形分野」であります。

 

1年は、作図。

2年は、合同。

3年は、相似。

 

いつも感じていますが、生徒たちは図をノートに書きません!

 

しかも、わからないにもかかわらずにです!

 

テキストにそのまま書き込んでいたり、ノートに答えだけだったり…

 

 

それはダメですよ!

 

解けるようになるわけがないじゃないですか?

 

分からないなら、図をノートに写して良く考えないと!

 

数学の図形問題が解けない子の多くは、

 

『 問題文をしっかりと読んでいない! 』

 

という事です。

 

読んで、何が与えられていて何を求めないといけないのか?

 

を意識できていない子がほとんどです。

 

 

まずは、ノートに図を書いて、そして、問題文に書かれていることを

 

書いたノートにつけ足していきましょう。

 

そうすることによって解き方が浮かんできたりします。

 

あとは、「解けなるわけない!」とあきらめないことです。

 

多くの問題を解くことによって、解き方を自分の中に蓄える

 

ことができます。

 

今回の期末テストでもしっかりと考えて解いてきてほしいです。

 

今も、数学の確認テストを解いて丸付けして解き直して・・・

 

の真っ最中です。

 

自分の満足いく結果が出るように頑張ってくださいね!

 

 

 

2020年

11月

18日

期末テスト前に入りましたよ!

 

今日から石尾中学や光明台中学は期末テストの1週間前に入りました。

 

中学3年生は、直後に実力テストが控えているので、期末の範囲と実力テスト

 

の範囲の2重で勉強していきましょう。

 

とはいえ、実力テストは入試に必要な範囲なので、日ごろからの積み重ねという

 

ことになります。

 

 

期末テストには、もちろん提出課題がありますのでそれを先に仕上げてテスト勉強に

 

入りましょう。提出物をやるだけでは、テスト勉強になりませんよ~!

 

特に、英数は問題をこなさないと自力で解ける問題が増えません!

 

来月には懇談が控えていると思いますので、

 

しっかりと自分の実力を出せるように勉強しましょうね。

 

 

ちなみにクローバーも12月そうそうに3者面談です!!(中3)

 

他の学年は、15日以降からとなってます!

 

塾での様子や、学習状況をしっかりと報告させていただきます。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

2020年

11月

11日

ありがとうございます。

 

体験授業などのお問合せを多くいただいています。

 

本当にありがたいことです。

 

特に、大手塾に現在も通塾中のお子様を持つ

 

保護者の方からのご相談が多いです。

 

「平均点ぐらいしかとれない。」

 

「平均点にも届かない。」

 

「授業に本当についていけているかが不安。」

 

その他大勢になっているのでは?

 

という不安をほとんどの方が

 

感じていらっしゃいました。

 

そんなときは

 

「間違った問題の解き直し!」

 

これをちゃんと自分でやれているか?

 

自分でしっかりと行っていれば大丈夫です!

 

「う~ん。そこまでやれていない・・・」

 

「やったりやらなかったり・・・」

 

であれば、問題ありです。

 

その時は、お問合せをしてみてください。

 

基本的に、中学生は定期テストの

 

問題と答案を見なければ正しい

 

実力を確認できません。

 

得点だけでは、見えないところが多いんです。

 

体験授業の時は、テストを持ってきてもらっています。

 

どこにあるかわからないとはならないように

 

ファイルに揃っているのを確認してあげてくださいね。

 

 

最後になっていましたが・・・

 

先日のブログでアップした資料が

 

横向きで大変読みにくく、

 

申し訳ありませんでした。

 

向きを修正していますので

 

読めなかった方や、まだの方は

 

ご覧いただけたらと思います。 

 

 

2020年

11月

04日

先週の・・・

 

先週の続きになりますが、次のような記事を読みました。

 

 

続きを読む

2020年

10月

28日

小学生

 

 

小学生の国語離れが止まらない・・・

 

過去にこのブログでも取り上げましたが

 

 

ここ数年で、さらに状況が悪くなっているという事です。

 

なぜこのようになるのか?

 

ネット社会による弊害だと言われています。

 

○本を読まなくても簡単に情報が入ってくる。

 

○文字すら読まずに、映像と音声で分かりやすく教えてくれる。

 

これらの事が、以前までは普通に行ってきた読書の時間や

 

調べるために辞典などを読む時間を大きく削ってしまいました。

 

これにより、文字や文章を読むことに対して「時間の無駄」という感情が

 

生まれるようになってしまいました。

 

なので、6~12歳までの文字を読む量などが減ってしまい

 

これが今の小・中学生の読解力を大きく影響を与えています。

 

人類は、文明の発達とともに使わなくなった体のパーツを

 

進化の過程で小さくしてきました。爪やあごなどがそうです。

 

読解力が退化していくことを進化と呼べるのか?

 

 

 

 

このようなお話を、私立高校の先生がされていました。

 

そうならないように微力ながら力を尽くしたいと

 

考えています。

 

 

数学の文章題、理科や社会の記述問題等

 

文科省は思考力と読解力を必要とする試験を作る

 

指示を各自治体に出しています。

 

国としても危機感を抱いていることは間違いないので

 

それに対応していくことが受験対策にも

 

繋がるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年

10月

21日

テスト返却!

 

しっかりと勉強した人には成果を実感できる・・・

 

そうテストの返却です。

 

今週は、高校・中学共にテストが一斉に返却されてきていて

 

教室は、テストの直しをする生徒ばかりになります。

 

そこで聞こえてくるのが

 

「うわっ、やらかした!」

 

「問題読み間違えた!」

 

「これさえ合ってたら○○点だったのに!」

 

直しをしてこそわかる事ってありますよね。

 

臭いものにふたをしていては次に進めないです。

 

ここで気付いたことが次回のテストで

 

生きてくるはずです。

 

 

…ただ、今回のうちの高校生達(大学受験の高3生を除く)

 

の中間テストの出来・・・

 

クラスで一桁の順位は当たり前、学年5位をとった子も!

 

ど、どうしたん?

 

覚醒期に入ったの?

 

次の期末テストが怖すぎる!

 

とりあえず、みんなよく頑張りました!

 

 

 

2020年

10月

14日

この空気感!

 

中間テストが終わり、返却され出した中学校と

 

明日、テスト初日を迎える中学校等があり

 

テスト後の生徒達の空気が緩むと他に影響してはいけない

 

と注意していたのですが、そんな心配は全く必要なかったです。

 

そしてこの空気感を作っているのは、高校生たちなのかもしれないと

 

思いました。

 

 

高校生はテスト期間が長く土日を挟む傾向が強いです。

 

ですので、テスト中の「ピリッ」とした空気が続くのは

 

やはり高校生たちの出す「必死感」なのでしょう。

 

 

これに中学生が引きずられる形で頑張ってくれるんでしょうね。

 

いつもいいお手本を見せてくれてありがとうございます。

 

テストが望んだ結果になるように頑張りましょう!

 

 

 

2020年

10月

07日

中間テスト直前!

 

中間テストが迫ってきています。

 

今回は一言で・・・

 

とにかく範囲がかなり広い!!

 

なにせ、夏休みの短縮で授業時間が伸びたうえに

 

1学期の遅れを取り戻すために各校の先生方も

 

奮闘されただけあって・・・

 

いつもの倍ぐらいの範囲になっております。。。

 

提出課題が百ページ近くある教科もあるみたいで。

 

 

この2学期の間に、理解できている生徒とそうでない生徒との

 

差が大きく広がることが予想されます。

 

どの学年も、もともと2学期は学習内容が難しい傾向がある上に

 

今年は、各校が授業スピードを速めざるを得ないためついていけなくなる

 

生徒が多くなると考えられます。

 

 

転ばぬ先の杖としては、予習をしっかりとして授業に臨むことです。

 

これだけで、普段受けている授業が全く変わって聞こえます。

 

自信をもって問題を解くことが出来るようになるでしょう。

 

また、学習計画を作って、それを実行する強い意志を育てましょう。

 

さぁ、テストまで全力で取り組んでください。

 

 

2020年

9月

28日

秋の夜長

日が暮れるのが早くなってきました。

 

そして、気候も良くなってきて随分と過ごしやすくなりました。

 

今週の金曜日は十五夜なんですね。

 

確実に季節(時間)は過ぎていっているわけで…

 

塾生たちも、確実に成長しているなと感じています。

 

特に受験生は。。。

 

夏前は、まだ受験生らしくなかった中3生も毎日の課題に追われながらも、日々自分で考えて次どのように行動すべきかこちらから尋ねる前に言えるようになってきました。

 

今年はコロナ禍ということもあり、塾長とも指導方法や進度について相談しながらこちらも日々手探りで進めています。

 

毎日、軌道修正をかけながら一人ひとりに合わせて指導していきます。

受験対策もですが、10月に入ればすぐに中間テストがやってきます。

 

まずは次の中間テストでそれぞれの目標点を取れるように、こちらも全力でバックアップしていきます!

 

 

 

 

 

 

2020年

9月

16日

過ごしやすくなってきました。

 

9月半ばを迎え、気温が日中でも30℃を下回るようになりました。

 

秋シーズン到来ですね。

 

今年は、体育祭や文化祭も中止されたり規模を縮小したりで、

 

なかなか、思い切り楽しめないこともあるのかもしれません。

 

 

 

そんななかでも、休まずに塾に来る生徒たちはエラいです。

 

そして、宿題をやり切れずに僕に叱られ、残って仕上げる生徒たちも

 

エラいです。

 

「 やった分だけ出来るようになる 」

 

それを体現すると、成績がついてきますよね。

 

すると、ちょっとでもうれしい。

 

勉強はこのくり返しなんです。

 

大丈夫! 必ずやれるようになります!

 

 

2020年

9月

09日

もう9月なのに…

 

コロナ自粛における中学校の休校の影響は中々大きくて、

 

それは、中学校によって教科の進度が全く違うという事態を引き起こしています。

 

高校入試の範囲まで縮小され、従来とは違った入試対策になりそうです。

 

特に数学の影響が大きいです。

 

範囲は確かに減っているのですが、それ以上に進度が遅かったり、

 

逆に速すぎてとにかくノートを書くだけで必死だったりと。

 

精神的に不安になってしまう子もいるみたいです。

 

 

 

僕たちは、そうならないように、自信を持って入試に挑んでもらうために

 

存在するわけです。

 

どう進めていけばいいかは、常に講師陣で話し合いを行っています。

 

なので、心配ないですよ!

 

 

2020年

9月

05日

夏期講習が終わったと思ったら…

 

夏期講習が終わったのが、つい最近(月曜日)のことなのですが・・・

 

今日から、中3生の受験特訓がスタートしました。

 

いまこのコメントを書いている横で・・・

 

まさに特訓の真っ最中です。

 

しかも、朝からやってます。

 

どうしても受験勉強は、人を夜型に引き込みます。

 

ところが、実際の試験は必ず「朝」です。

 

朝にしっかりと回転する脳を作っておく必要があるのです。

 

 

とはいえ、まだ9月のこの時期。

 

しかも今年は、コロナ渦の波にのまれ、まだまだ受験生という意識が

 

足りていません!この特訓を通じて受験の厳しさに立ち向かう

 

気持ちを養ってもらえるように取り組んでいきます。

 

Let's start !!

 

2020年

7月

21日

夏本番

猛暑日とういワードが天気予報で言われるようになり、いよいよ本格的な夏が来たと感じる今日この頃。

 

1学期の期末テストがどんどん返却されてきています。

 

がんばった成果がきっちり点数で返ってきてうれしそうに報告をしてくれた生徒、思った程点数が伸びず悔しい思いをした生徒様々です。

 

 

私たち講師にしてみればテストの結果は生徒の指導方法が正しかったのかをはかる答え合わせでもあります。

 

この夏しっかり力をつけて2学期に向けてこちらも指導方法を講師陣と相談しながら授業を進めていきます。

 

生徒の数だけ教え方も変わるわけで…

 

一つずつ、わからないをわかった!→自分ひとりで考えてできる!!となるように根気よく子供たちと向き合っていきます。

 

 

 

これから夏本番!

 

テストから解放されたばかりで少し気が緩む気持ちもわかりますが、受験生にとっては学力を蓄える大事な時期であることには変わりありません。

 

夏休みも短くなりいろいろと初めて尽くしのことも多く、試行錯誤の夏にもなるとは思いますが、暑さに負けず頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年

6月

30日

6月が終わります…

 

前回の更新から9ヵ月程もあいてしまいました。大変ご無沙汰しております…

 

その間に本当に色々なことがありましたね。



今年度もスタートし早くも2ヵ月が過ぎ去ろうとしています。

 

新型コロナウイルスの影響で私たちの生活様式もかなりの変化を強いられ、

 

生徒たちも慣れない環境に戸惑いながらも日々前を向いて明るく頑張ってくれています。

 

 

7月には久方ぶりの定期テストも待っています。

 

定期テストに向けてそろそろ各教科の先生から普段以上に宿題が出され、

 

生徒たちが内心ブツブツ言いながらもしっかりやってきてくれるんだろんなと信じています。

 

 

そして、クローバー恒例の呼出し・居残り&自習もいつも以上に増えることと予想しています。

 

まだまだ、生活のペースがつかめていない生徒もいるかもしれませんが

 

まずは、次の期末テストの結果で悔しい思いをすることがないよう、

 

時には厳しい言葉をかけつつ叱咤激励していきます。

 

テスト後は全員満足いく結果でいい笑顔で報告しに来てくれることを願います!

 

 

すでに隣で塾長がビシバシ生徒を指導していますが、愛の鞭だと思って(笑)

 

みんなしっかりついて来てね!!

 

 

2019年

9月

12日

忙しい・・・秋

 

〇〇の秋

 

とは、よく言ったもので

 

9月・10月は、いろいろとイベントが目白押し!

 

文化祭・体育祭・祭りなどなど

 

受験学年以外の子たちは、もうかなり大変そうです!

 

受験学年は、勉強でもっと大変なのではありますが。

 

その中で、時間を上手に使える子とそうでない子の

 

違いが明確に現れてしまう時期なんです!

 

学力差がもっとも広がる時期でもあります。

 

夏に頑張った子たちもここで力を抜いてしまうと

 

とてもひどいことになってしまいます。

 

学校行事や地域の祭り、クラブ活動はとても大事です。

 

ですが、自分を犠牲にしてするものではありません。

 

自分の生活リズムを崩してしまっては、イベント本来の

 

意義が失われてしまいます。

 

この時期を楽しみながら上手く乗り越えて欲しいと

 

願っています。

 

 

2019年

8月

06日

久しぶりに・・・

 

夏期講習

 

「クロ講」真っ只中!

 

忙しさも普段の倍以上です。

 

生徒のノートの丸付けに忙殺されるのですが・・・

 

これが後々効いてくるので、本人任せにはできないところ!

 

でもノートを見ていると、気付きがたくさんあって

 

こっち側目線ではなく生徒目線で問題を見れるところも

 

大事だったりするのです。

 

うちの夏講はほぼ毎日あるなので、ガンガン復習できる特別な期間。

 

学力をきっちり蓄えて欲しいので、ノートの使い方から問題の解き方まで

 

確認するんです。

 

 

 

もうすぐお盆休み!

 

 

この週をしっかりとのりきろ~ぜ!!

 

 

 

2019年

6月

22日

粛々と・・・

 

中高生たちは、期末テスト1週間前となっています。

 

流れが速いですね~。

 

さて、今回は移行措置のお話。

 

小中高の教科書は、文科省の指導要綱に基づいて

 

教科書会社が作成し、各自治体が選定する。

 

高校は学校単位で選定します。

 

そして、定期的にその指導要綱が微調整され

 

教科書が数年に1度のペースで新しくなります。

 

ですので、兄弟で同じ教科書を使うことになる人も

 

いれば、別々になる人もいます。

 

そして最近は教科書の中身が難化傾向にあります。

 

上の学年で学習していたものが下の学年に降りてくる

 

という流れがあるんです。

 

 

そして今年から、移行措置として・・・

 

 

移行措置とは、簡単に言うと

 

まだ教科書は改訂されていないが、

 

近いうちに変わることが決定している場合、プリントなどで

 

その新しく指導要綱に入ってくる内容を学習することです。

 

 

そしてその移行措置が今年の1年生に入ってきているのです!

 

数学の「文字と式」

 

aやb、xやy、を使って数量を表す大事な単元なのですが、

 

実は、これはすでに小学校5・6年で軽く学習しているんです。

 

少し前の指導要綱改定で小学生に降りてきた単元なんです。

 

なので、以前ほどここでつまずく子は多くはなくなりました。

 

それはいいのですが・・・

 

ここからが問題で

 

その中1数学に「素因数分解」が入ってきたのです!

 

この単元は、まさに今年も含めて毎年中学3年生が学習する内容で

 

今年は3年と1年が度なじ時期に同じ勉強をすることになっているわけです。

 

そうなると、やはり1年生は大変で素数や因数の意味の理解から

 

つまずく子たちが続出することになっているだろうと考えられます。

 

 

1年からちゃんとやる子とそうでない子の差が大きくなりそうです。

 

 

 

 

1年に降ろしてこれそうな単元って他にありますけど!

 

って言いたいですがどうでしょう?

 

 

 

・・・話がどんどん専門的になってしまいますので

 

この辺にしときます・・・

 

 

 

2019年

6月

13日

過密スケジュール

 

6月の中3生は、「テスト祭り!」

 

まず、実力テスト!

 

それから、チャレンジテスト

 

そして、期末テスト!

 

 

気の休まる暇はないのです!

 

 

もう少し、余裕のある日程を組んでほしいものです。

 

 

テスト結果に一喜一憂してしまって

 

なかなか勉強に集中できなくなってしまわないかが

 

心配です。

 

テストなんてものは、3か月に一回ぐらいで十分です。

 

その間にしっかりと学力を蓄えていくわけです。

 

学校の先生たちの負担も減るし。

 

 

旧態依然としてってところなのでしょうか?

 

 

テストは、学期に1回!

 

しかも、全て実力テスト!

 

これでいいのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

2019年

6月

03日

ふと、書いてみました!

 

宿題をやる OR やらない

 

これはどう違うか?

 

他の塾では、どうなのかわかりませんが

 

クローバーでは、はっきりとしています。

 

まず、けっこう怒られます!

 

そして、残ってやらされます。

 

しかも、終わらなければ翌日も・・・

 

なので、宿題を出来ない子は肩身が狭いです。

 

 

楽しくはありますが、

 

決して楽な塾ではありません!!

 

 

ですので、

 

「 覚悟を決めて入塾を! 」

 

 

 

 

 

 

2019年

5月

27日

テスト

 

テスト返却が続々と。

 

今回は学年の最初とあって

 

問題も比較的易しかったです。

 

そんな中、大幅に得点がアップし嬉しそうな

 

顔をみると、こちらもその倍嬉しくなります。

 

 

でも、そこをこらえて

 

「調子に乗るなよ!」

 

って釘をさすんですけどね。

 

 

そしてテストのたびに思うのは、

 

 

「やった分、必ず伸びる」という事!!

 

中途半端は、一番良くないんです。

 

 

これが自分では気づけないもので…

 

「やってるから大丈夫!」

 

って自分で思う子は、大概

 

「できてません!」 ← 重要!

 

 

不思議なことに、やればやるほど

 

「自分がまだできてない。」と感じるものです。

 

「できていない!」

 

と感じてからが勝負なんです。

 

 

そこで道は2つに!

 

 

「やる」 か 「あきらめる」か

 

 

これは、僕の口癖です。

 

 

最近、うちの塾生は

 

僕が、「素晴らしい方法が2つあるよ!」

 

っていったらすぐに

 

「やる」か「あきらめるか」やろ?

 

って先に言われちゃいます(笑)

 

 

難しい問題に詰まっているとき、

 

気分が乗ってないと感じたときなど、

 

すかさずこの言葉を投げかけます。

 

 

すると、みんなが

 

「やる!」っていってくれるんです。

 

えらいですよね。

 

心では褒めてます!

 

口には出しませんが。

 

本当にえらいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年

5月

20日

テスト期間

 

テスト期間は、生徒が多い!!

 

密度が濃い…

 

しかも、自習じゃなくて呼び出し!!

 

新学期入塾の生徒も多いため、

 

まだ宿題のやり方が甘く

 

担当の先生に「明日、来ようか!」

 

って言われてます…

 

 

宿題は「とにかくやればいい!」

 

と考えている生徒の多さときたら。

 

何のための宿題だって話ですよ!

 

これは、性格も関係してくるのかもしれません。

 

ただ、中途半端は一番ダメなので

 

徹底してやらせます!

 

だから!

 

始めからちゃんとやってきましょうね!

 

 

 

 

2019年

5月

13日

連休明け・・・

 

連休明け1週間は、地獄なんです。

 

それは、

 

宿題の丸付けに追われるからです。

(毎年、言ってる気がする・・・)

 

生徒たちも頑張ってやってくるので

 

必死にやるのですが…終わらない…

 

次の日に取りに来てもらったりします。

 

直しをやらないといけないので、

 

間違いが多い子はその週毎日塾!!となるわけです。

 

 

教室が狭いので先週は、机が満員状態でした。

 

 

 

おまけに!!

 

宿題を中途半端にしかやってこなかった子が

 

 

3人!!

 

かわいそうに、先週だけで毎日4時間以上塾で

 

出来なかった分をやらされました。

 

次はちゃんとやってきましょう。

 

 

そして、テストが近づいているので

 

気を引き締めて授業に宿題に取り組んでほしいですね。

 

 

それにしても…

 

連休の丸付け対策は何とかしないといけないな…

 

 

 

2019年

4月

25日

この時期

 

この時期は、今年の受験生たちが

 

入試の得点を持ってきてくれるんです。

 

高校で得点が開示されているのでそれを

 

メモして伝えてくれるのですが、

 

これは、来年そのまた来年と

 

大事な情報となります。

 

こうしてデータを積み上げて

 

志望校を決める大きな目安にしています。

 

 

今年も全員合格したので、

 

得点はどんなもんかと気になっていたのですが

 

 

今年は、想像以上に得点が高かったので

 

驚いています。

 

 

これは、平均点が高かっただけなのか

 

うちの子たちがしっかりと得点できたから

 

なのか?

 

でも聞くと、周りの子達はもっと低かった

 

といっていたので後者なのか?

 

 

これはしっかり見極めて進路指導しないと

 

いけないと考えています。

 

みんなには、

 

「せっかく上位で入学してるんだから

 

高校でトップクラスを目指しなよ!」

 

ってハッパをかけておきました。

 

頑張ってくれるんじゃないですか(笑)

 

 

 

 

 

2019年

4月

11日

高校入試結果!

 

今年度の入試結果を簡単に。

 

全9名の結果です。

 

公立高校

 

泉北高校  1名

登美丘高校 1名

堺東高校  1名

日根野高校 1名

金岡高校  1名

堺西高校  2名

 

私立高校

 

上宮    1名

大阪学芸  1名

近代泉州  2名

商大堺   1名

浪速    1名

羽衣学園  2名

初芝立命館 1名

(内専願2名)

 

入塾した時は、

やれるか不安だった子も

本当によく頑張ってくれました。

 

保護者の方々も

「頑張っていました!」と

口をそろえておっしゃるくらいですから

事実なんだと思います。

 

「頑張ろうと思える塾にしたい!」

と作ったクローバーの冥利に尽きます。

 

新3年生も続いてほしいです。

いや、しっかりやってもらいますよ(笑)

 

ついて来てくださいね!!

 

 

 

 

2019年

3月

31日

受験お疲れ様会!!

 

3月某日・・・

 

中3生の受験お疲れ様会が行われました。

 

2時~5時で予定していました。

 

 

もちろん、だれもそんな時間に帰らないのは

 

分かっていたので6時半には終了して撤収!

 

と先生方と決めていました。ですが・・・

 

 

「・・・現実は想像を超えてくる・・・」

 

 

結局8時まで、騒ぎ続けました・・・(笑)

 

 

今年は2つの中学からの生徒だけだったので

 

 

石尾中学 VS 南池田中学

 

 

様々なことで対決しました!

 

 

もちろん塾なので学力対決もあり、右脳クイズ、記憶力、

 

絵しりとり、立体4目ならべ(パズル道場の教具)などなど

 

白熱した展開でかなり盛り上がりました。

 

 

絵しりとりでは、石尾中が3分間で15人回しという

 

かなりの大記録を打ち立て、チームワークの良さを見せつけました。

 

 

結果は、最後の立体4目を制した南池田中が勝利。

 

みごと賞品の優先権を獲得しました!

 

 

いろいろな賞品を用意したのですが、

 

用意した僕たちの想像を超えるものがこちらにも。

 

 

「 ネタ 」として入れたつもりが・・・

 

 

ほぼ全員がもだえ苦しみましたね。

 

 

しかもカレーって・・・

 

 

とはいえ、今年も記憶に残る「お疲れさま会」でした。

 

 

続きを読む

2019年

3月

22日

2018年度終了!

 

2018年度の授業が終わりました。

 

入試も終わり、緩やかに過ごしている受験生とは対照的に

 

新たに入塾してきた生徒たちが頑張っています。

 

 

うちは、入試が終わっても3月最後までしっかのまとめや

 

高校の予習を行うので、みんな塾に来るわけなんです。

 

 

でも、受験を終えた生徒たちのホッとしたというか晴れやかというか

 

なんとも言えない表情は、毎年見ていて気持ちがいいものです。

 

いろいろを我慢しながら頑張っている姿を目にしているので

 

なおさらうれしくなります。

 

 

そんな中、高校の先取りをやっているので気も抜けていると

 

思いがちなのですが、そんなわけもなく。

 

 

だれも宿題を忘れて来ない!

 

 

立派です。この先の事をしっかりと見据えている証拠ですね。

 

もう終わったわけではなく、今からがスタートだという事を

 

理解しているんだと思います。

 

 

受験勉強中に伝えてきたことが、ちゃんと伝わっていて

 

安心しました。

 

 

塾を辞めて自分の力でやろうとする子も

 

塾を続けてその先の目標を目指す子も

 

みんなクロ―バーの生徒です。

 

 

これからの活躍を祈っていますね!

 

 

 

2019年

3月

15日

2か月も・・・

 

2か月近くも冬眠していました・・・

 

違います。

 

入試の対策に追われ続けておりました。

 

毎週、行われる入試模擬テストの添削

 

生徒が毎日提出してくるノートの確認と添削

 

それを集積して、行う授業の構築

 

・・・激務でした。

 

僕だけでなく、先生陣も忙殺されてました。

 

その甲斐あって、

 

それぞれの模擬テストの目標点に近付いて

 

来てくれました。

 

結果はまだですが、自分の力を出し切ってくれた

 

のであれば、大丈夫だと思っています。

 

といっても、心配は尽きないのですが・・・

 

 

 

最近、お問い合わせのTELが増えてきたので、

 

新学年の入塾の方も本格的に始まりそうです。

 

いや、ちょっと遅いぐらいかも。

 

まぁでもうちは、他の塾から移ってくる生徒が

 

ほとんどなので今いる生徒達に力を注ぎこみます!

 

それを見たり聞いたりした子たちが

 

「 よし! 自分もやるぞ! 」

 

という気持ちで入ってきてくれたらと

 

願っています。

 

 

 

2019年

1月

24日

受験シーズン!

 

今年も受験シーズンがやってきました。

 

中学・高校・大学とそれぞれの受験がありまして

 

それぞれに合格があるわけです。

 

その結果で未来が変わる、といえば言い過ぎ

 

と思われるかもしれませんが、それに近いことは

 

間違いありません。

 

進学先で出会う同級生・先生は変わってきますし、

 

学校によって通う道も違うので、通学の風景も

 

変わってきます。

 

みんなが全力を出して合格を掴めるように

 

色々なやり方でサポートしていきます!

 

一緒にがんばりましょう!

 

保護者の方々も、生徒たちの気が緩んでしまわないように

 

激を飛ばしてあげてください!

 

 

2018年

12月

30日

2018年!

 

2018年の授業が終わりました!

 

冬期講習も半ばでお休みに入ります。

 

宿題もしっかりと出しましたし、ちゃんと計画立ててやるように

 

伝えましたし、みんなやる気で帰っていったので心配なし!

 

ですよね?

 

みんな、本当に頑張っています。

 

文句を言いながらもちゃんとやってくるのが、エライです。

 

この努力は必ず、芽を出し花を咲かせます。

 

来年もがんばろうぜ!

 

 

2018年

12月

21日

Merry Christmas ‼

 

今週は、クローバーのクリスマス習慣!

 

生徒全員になんと‼

 

 

クリスマスプレゼントをあげちゃいます‼

 

 

これは、今年クリスマス会ができなくなって

 

生徒たちががっかりしないようにとの思いで

 

考えました。

 

先生たちと買いに行ったのですが、

 

選ぶだけで2時間!

 

難しいんです!

 

「 数学や英語は、正解があるから簡単やん 」

 

「 でもこれって正解わからんし! 」

 

「 自分がもらって嬉しいものでいいん? 」

 

意味のないやり取り・・・

 

この悪戦苦闘感

 

・・・伝わっていますか?

 

 

そんなこんなで用意したプレゼント。

 

みんな楽しそうにカード引いてくれて

 

嬉しそうにもらってくれて

 

写メまでとってる子もいて

 

大成功‼

 

だよね?

 

 

続きを読む

2018年

11月

14日

英単語

 

今回は英単語について

 

クローバーでは、英語の授業にもれなく単語テストがついてきます。

 

中学生は中学生の、高校生は高校生の単語帳がそれぞれに渡され

 

毎回テストがあります。範囲は常に増え続けるので回を重ねるごとに

 

点数を取ることが大変になってきます。

 

 

そして、中3生の実力テストを分析していると明らかにわかることがあります。

 

それは、単語テストの範囲が進んでいる人ほど英語の得点が高いという事です。

 

文法問題にも長文問題にも単語力は必要なわけで、これを避けては英語力を

 

伸ばすことは、難しいと言わざるをえません。

 

 

中1から通っている中2生が、中3生よりも課題テストの得点が高いのも

 

単語力を考えれば納得できるわけです。

 

後になって必死に覚えるよりも、早いうちから少しずつ。

 

継続は力となります。

 

少しでも早めの対策が、後々につながります。

 

 

 

2018年

10月

21日

基本の、キ!

 

以前から授業でよく「基本」というワードを使っていました。

 

そしてある時、立ち寄ったスーパーで「きほんのき」なる商品を多数見つけ、

 

自分的にすっかり気に入ってしまいました。

 

そのスーパーのPB商品のロゴみたいだったのですが、

 

それ以来授業でも自然に

 

 

「基本」→「きほんのき」へと変わっていきました。

 

 

このワードを強化月間にする!

 

 

とまで宣言したりもして(笑)

 

 

だったのですが、

 

 

使う!と宣言するとなかなか使えないもので

 

「きほん・・」まで口にすると

 

みんなが待ってるのがわかるんです。

 

「くるぞ、くるぞ!」という圧!

 

 

その圧力は半端がなく、負けてしまうわけです。

 

 

結局、全く言えていない今日この頃。

 

どっかで復活させてやるつもりでいます。

 

 

・・・・って何の話なんだか‼

 

 

 

2018年

10月

16日

我慢!

 

勉強には、我慢が必要だとよく言われます。

 

おそらく大部分の人が勉強嫌いで

 

出来ることならやりたくない!

 

と考えているでしょう。

 

だからこそ、やる意味があるんだと思います。

 

昔、好きだったマンガで

 

印象に残った言葉があります。

 

「 好きなことを頑張れるのは、あたりまえなんだ。

 

  きらいなことや苦手なことをどれだけ頑張るか

 

  が大事じゃないのか? 」

 

これをさらりと言ってのけた登場人物がすごくて…

 

 

 

なかなかマンガのようにうまくはいきませんが

 

 

みんなが少しでも前に進むための

 

推進力でありたいと

 

いつも思っています。

 

 

 

 

 

 

 

2018年

9月

26日

約2ヵ月!!

 

ブログの更新がやっとできます!!

 

長かった、この2か月!!

 

8月入ってすぐ、ネットのプロバイダーを変更したまではよかったんですが

 

これが、失敗でした。

 

なぜかネット回線が何回試しても繋がらない…

 

やっとつながったと思ったら重たすぎて遅すぎて…

 

これではダメだと、9月から元のプロバイダーに戻すつもりだったのですが

 

そこにあの台風で…

 

工事が延びに延びて、昨日やっと無事開通しました!

 

 

夏休みのみんなの頑張りや、9月に行われた講習打ち上げ会の事など

 

書きたいことはいっぱいあったのですが…

 

これからまた少しずつ書いていきますので

 

また覗きにきてくださいね。

 

 

2018年

8月

03日

夏講、始まる!!

 

夏講が始まっています。

 

クローバーの夏講は、通常の約2~3倍大変です。

 

ほとんど毎日、授業でもちろん宿題も出るわけです。

 

しかも宿題の期限が2日~3日しかないので

 

とにかくやらないと完全に遅れてしまいます。

 

去年の中3生は「地獄の夏」と呼んでいました!

 

それを聞いているためか今年の中3は頑張り屋さん

 

が多いのかもしれません。

 

いや、まだ始まったばかりだからなんでしょうね(笑)

 

 

ただ、ここを乗り越えれば実力が大きく伸びます!

 

とにかく毎日一つ一つこなしていくことが大事です。

 

つなげていこう!

 

 

2018年

7月

17日

「熱い日」が始まりました!

 

7月から中3のみプレ夏講が始まっています。

 

ただ、全員参加ではなく今年度入塾の生徒だけ対象としてです。

 

2年の夏以前より来ている生徒は、ある程度の土台が出来ているため

 

プレは不参加としています。

 

……

 

そうなんです!

 

やはり入塾時期よって完全に差があるわけです。

 

中学校の定期テストはそこまで差がないのですが

 

実力テストとなるとこれが・・・

 

中1・中2の間は学力を図るものさしが

 

定期テストだけです。

 

これは、範囲も狭く、過去の範囲はほぼ出ない。

 

これでは、本当の実力が測れるはずがありませんよね?

 

入試問題はもちろん、中学全範囲となるわけで

 

それを視野に入れた学習が早い段階から大事となります。

 

中1・中2の段階で入塾していると「先に入試」を見据えた

 

学習をプランニングしますので有利だといえます。

 

 

 

今、プレ夏に参加している中3生は、通常授業の宿題に加えて

 

プレ夏の宿題をダブルでこなしています。

 

クローバーは「やってこない。」という選択肢がないので

 

みんな結構追い込まれています。

 

「中2から来ていればよかった~」

 

などと、泣き言も毎回言ってます。

 

ですが、これを乗り越えることでしっかりとした土台が完成します。

 

逆に言えば、「ここをクリアできずに受験の成功は無いんだ!」

 

ぐらいの気持ちで向かってきて欲しいです!

 

先生たちも本気で

 

「今のレベルを数段階引き上げる!」

 

「フォローではなく引っ張り上げる!」

 

という気持ちで臨んでます!!

 

 

中途半端は絶対ダメです!

 

 

今日は少し熱くなってしまいましたが

 

このブログ、たしか生徒はあんまり読んでなかったと・・・

 

・・・ということで・・・

 

 

お母さんたちからも気合い入れてあげて下さい!!

 

 

よろしくお願いします!!

 

 

2018年

7月

10日

国策。

 

高等教育無償化が法案化しています。

 

ある程度の所得制限を設けはするようですが、

 

これで金銭的な負担を理由に大学進学を諦めていた高校生たちは

 

光が見えてきますね。

 

高校までの教育は、その後の勉強を支える為の土台となるものです。

 

せっかくなら大学で、自分の興味ある分野をさらに深めてもらいたい

 

ですね。

 

ただまずは、その土台です。

 

少しずつでもいいので着実に前進しましょう!

 

 

2018年

7月

03日

読書と生活習慣

 

先日、行われた学力テストで読書や生活習慣と成績の間に大きな関係性がある

 

ということが新聞にて紹介されていました。

 

 

確かに、幼少期の読み聞かせや小学校時代の読書は、知的好奇心を育ててくれるので

 

その後の学力に大きく関わってくることは当然のことともいえます。

 

ただ生活習慣までが関係してくるとは、それほど深く考えられていなかったかもしれません。

 

朝食をしっかりと毎朝食べている子が、そうでない子より相対的に成績がよかったのは、

 

規則正しい生活リズムが確立されているかどうかが関係しているのでしょう。

 

 

成績がいい子の特徴として

 

「時間の使い方が上手い!」が挙げられます。

 

短時間で集中して勉強することが出来るため、部活や他の事にも

 

しっかりと時間をかけられる人が多いです。

 

そしてこれは先天的というよりは後天的に備わったと思われます。

 

小さい頃からの積み重ねがそれぞれの個性を形成していく。

 

そう考えると小学校時代の学習は、中学・高校よりもはるかに

 

大事なものなのかもしれませんね。

 

 

 

続きを読む

2018年

6月

21日

期末前!

 

3年生が修学旅行から帰ってきたと思っていたら

 

もう期末テスト前!

 

時間の流れが速く感じますね。

 

テスト前ということで、自習にくる生徒の対応で

 

てんやわんやです。

 

聖徳太子のように数人の質問を瞬時で聞き分けたい

 

と思うのですがそんなわけもなく…

 

クローバーの自習は、あらかじめ担当の先生から

 

やることを決められているので、それをしないと

 

自由な自習はできません!

 

自由な自習?(なんだそれ?)

 

もちろん、学校の提出物を宿題に出してもらっている

 

場合もあるのですが、それには決められたノルマを

 

クリアした時ということになっています。

 

ということは、

 

 

期末テストも期待できそうですね(笑)

 

みんな、がんばろうぜ!

 

2018年

6月

12日

思うこと

 

ここ数日、今年度入塾生の保護者懇談を行っています。

 

その中で少し気付いたことを。

 

 

お母様方!

 

お厳しいです!

 

 

結構伸びているのに褒めてあげてないらしく・・・

 

 

思わず

 

「僕だったら、めっちゃ褒めて欲しいです!」

 

って言っちゃいました(笑)

 

「褒めたら調子に乗って勉強しなくなる気がして…」

 

とおっしゃっていましたが、

 

 

確かにその気持ちはわかります!

 

そこをぐっとこらえて、先に

 

「頑張ったね。やるやん!」的な一言もあると

 

絶対励みになると思います。

 

 

褒め上手になりましょう。

 

 

とか、こんなことをいいながら

 

 

僕自身、

 

「全然、ほめてくれない!」

 

というお言葉を生徒からいただいております(笑)

 

 

う~ん、難しいですね。

 

でも、心の中ではすごく褒めているんです・・・

 

いやいや、声に出していきますね!

 

 

 

 

2018年

6月

05日

中間テスト総括

 

中間テストが帰ってきて少し総括。

 

みんな、よく頑張りました!!

 

 

英語・数学は、1名ずつ除いて他全員が70点以上!

 

その一人も69点!惜しい!!

 

でもはずっと数学が苦手で新年度になって

 

入塾してくれた子。

 

前回テストからは20点以上伸びてます。

 

もう一人は英語が大の苦手。

 

といっても、

 

4月に入塾して本気で頑張っていたと思います。

 

これから確実に伸びます!

 

伸ばします!

 

 

 

ただ2人とも、答案を見せてくれる時、

 

かなり悔しそうで、

 

「 かなり伸びたやん! 」

 

といったのですが、

 

「 こんなもんじゃ満足できない! 」

 

という答えが返ってきました。

 

「 がんばってたからな。

 

  次につなげよう! 」

 

って励ましました。

 

意識がめっちゃ上がってる!

 

 

でもまた月末からは期末テストです。

 

みんなさらに上げていこうぜ!

 

 

 

 

 

2018年

5月

28日

中間テスト終わりましたね。

 

中学校・高校でも中間テストが終わり、一息がついたところでしょうか。

 

テスト前から終了までは、毎日のようにみんなが

 

自習に来るのでバタバタしてるのですが

 

終わるとピタッと来ない(笑)

 

切り替えの早いことです。

 

そして、テストの返却が始まっている学校もあり

 

うれしい声が聞こえてきます。

 

「 合計で100点以上伸びた! 」とか

 

「 英語で1年の最初以来初めて80点越えた! 」

 

など、今年も出だしは順調です。

 

この調子で他の子たちも続いてくれると思います。

 

 

2018年

5月

15日

新聞に

続きを読む

2018年

5月

11日

先日の続き

 

パズル道場は、思考力を大事にします。

 

思考力は、とにかく考え抜くことで伸びていきます。

 

なので中には、よ~く考えないとわからない問題もあります。

 

年少・年中の子たちは、50分間イスに座り続けるだけでも

 

大変な時期ですよね。

 

なのにそこからよ~く考えるなんてなかなか難しい

 

と言わざるを得ません。

 

まずは、机の前に座って50分間何かをするという事から

 

始めたほうがいいんです。

 

始めは、絵本を読むことからでも構いません。

 

ぬりえでも、お絵かきでも大丈夫です。

 

そして、少しずつ座る時間をのばしていきましょう。

 

 

そして、

 

50分集中することができ、

 

ひらがなの読み書きができる

 

この2点がクリアできていれば

 

ぜひお越しください!

 

 

しっかりとしたゆるぎない土台を作っていきましょう。

                         

 

 

 

 

 

 

2018年

5月

08日

連休も明け!

 

最近、パズル道場の問い合わせが本当に多いんです。

 

しかも、年少や年中のお子様を持つお父様・お母様方から。

 

「 考えることが出来る子にしたい。」

 

「 今からしっかりと思考力の土台を作っておきたい。」

 

「 図形を頭の中で描けるように空間把握能力を鍛えたい。」

 

などなど。

 

確かに幼少時からの学習癖は、やがて中学,高校でしっかりと授業に

 

ついていけるかどうかを決定づけます。

 

そのことをしっかりと理解しているご家庭が、

 

増えてきているのかもしれません。

 

中には大阪の岬町から問い合わせいただいた方もいらっしゃいました。

 

「 小学校に入学するまでに、数を量として捉えさせたい。」

 

私たち専門家が使うような言葉が先にとびだすとは。

 

 

お気持ちはわかります。

 

 

ですがその上でパズル道場は、

 

原則として年長(5~6歳児)からのスタートとなります。

 

 

理由は次回にしますね。

 

 

 

2018年

4月

18日

覚悟⁉

 

先週、あるお母さんからお電話があったのですが

 

その第一声が

 

「 覚悟を決めました! 」

 

からでした。

 

しかも話をお聞きすると、

 

覚悟を決めたのはお母さんらしく

 

「 通わせようと覚悟を決めました。」

 

と言ってくれたのですが

 

本人はまだ覚悟を決めきれないということで…

 

 

 

「 覚悟 」

 

確かにブログで先日書きましたけど。

 

改まって考えると、この言葉の重さですよ。

 

そんな軍隊のような塾じゃないです(笑)

 

ただきっちりと勉強する癖を付けて欲しい。

 

勉強すればわかるようになることを実感して欲しい。

 

ただただ、そんな塾です。

 

ですので気構えなんかは必要ありません。

 

 

もし、ご質問やご相談などありましたらお電話でも

 

メールでも構いませんので、気軽にご連絡くださいね。

 

 

キャッチフレーズも考え直さないと。

 

生徒に募集してみようかな。

 

 

2018年

4月

06日

U・W・A・S・A

 

ようやく、うちの塾も少しずつ知られ始めてきたのかどうか、

 

うちの生徒が「クローバーに通ってる。」

 

っていうと、「あの宿題がめっちゃ多い塾?」

 

って言われるみたいです・・・

 

確かに、しっかりと宿題は出ますが、

 

多いかどうかは単元やレベルによって違います。

 

ですがそして、その話には続きがあって

 

そういわれた後、

 

「でも絶対、成績が上がる塾なんやろ?」

 

とも言われたらしく。

 

とりあえず、よかったよかったです(笑)

 

 

キャッチフレーズ

 

「 覚悟を決めたらクローバー! 」

 

これでいってみましょうか(笑)

 

 

 

2018年

3月

30日

春ですね。

 

教室の前の公園にある桜の木々がとてもきれいなピンク色に染まっています。

 

その風景を窓から見ていると、とても癒されやさしい気持ちになります。

 

そんな時に授業の日でもない生徒がやってきます。

 

「どうした?」

 

「え~と、呼び出し。」

 

「なんでなん?」

 

「単語テストで8割取れんかった!」

 

「そっか~、いつまで?」

 

「次のテストで8割取れるまで・・・」

 

「よし、次回で取れるようにしような。」

 

「うん。」

 

桜の木とは違ってとても厳しいうちの先生方です(笑)

 

お花見気分が飛んで行ったとさ。

 

 

 

2018年

3月

20日

合格発表 !!

 

3月20日!

 

それは、公立高校入試の合格発表日!

 

1年で一番、心臓に悪い日なんです(笑)

 

発表時刻の10時まで、いやもっと言うと

 

前日の夜から気になって眠れない・・・

 

しかも今回はクローバーを作って初めての

 

高校受験の合格発表日‼

 

緊張が半端ない・・・

 

 

 

しっかりと対策をしたという自信と

 

本番で実力を出せたかどうかという不安。

 

見に行ってる生徒たちはもっと不安だろうに、

 

こちらは朝から胃が痛い・・・

 

そして、10時 !!

 

電話が鳴り始めました。

 

電話越しでもわかる喜びの声!

 

この声が聞きたくてこの仕事をやってるとも言えます。

 

やっててよかったと思える瞬間です。

 

11時半までにはほぼ全員が連絡を入れてくれました。

 

そしてなぜか夕方にさらに一人・・・

 

 

全員!

 

 

合格です‼

 

 

みんな、おめでとう!

 

 

よく頑張った‼

 

 

 

 

2018年

3月

09日

公立高校入試直前!

 

出願も終わり、あとは入試当日を迎えるだけ。

 

倍率も発表され、「何人落ちる。」とか「こっちにしとけばよかった。」

 

などの声が聞こえてきます。

 

ですが、ここまでくればもう実力を十分に発揮するだけです!

 

いまさら、変更はきかないし、受けると決めたところで合格するだけなんです!

 

今までやってきたことを振り返って、やり残したことがないように

 

あるのならこの土日でしっかり押さえておく。

 

各教科の苦手分野

 

国語の作文

 

数学の証明

 

英語の英作

 

理科の計算問題

 

社会の記述

 

今からでも、しっかりとやれることが多いです。

 

みんなに言っておきたいことは

 

『 絶対に終了の合図が鳴るまで諦めずに考え続ける。』

 

この気持ちを忘れずに受験校へ向かってください!

 

みんなが力を発揮できることをこころから願ってます!

 

 

 

2018年

2月

28日

五輪と入試

 

平昌オリンピックが閉幕し、感動と興奮もひと段落です。

 

 

今回は日本の選手の活躍が連日続き、あっという間に閉会してしまった感があります。

 

世界的にすごい選手も見れて、さすが五輪です。

 

中でも、すごいと感じたのはスノーボードの帝王ショーン・ホワイト選手。

 

最終滑走で、あの圧巻の演技には鳥肌が立ちました。

 

 

そして、女子フィギュアスケートで金メダルに輝いたザキトワ選手。

 

若干15歳での快挙もすごいのですが、五輪の舞台での堂々とした演技

 

が本当に素晴らしかったと思います。

 

さらに、驚いたことはザキトワ選手のコーチが話していた内容です。

 

そのコーチは、今回銀メダルをとった選手のコーチでもあるのですが

 

「 練習で100%の完成度にならないと試合では使わない。

 

  練習ではそれ以上のパフォーマンスを追及している。」

 

 

確かに、1位2位の演技は完成度がものすごく高く、群を抜いていたように感じました。

 

一発勝負の試合の中で、頼れることは「自分が積み上げてきた自信」です。

 

練習でそれ以上のことをやっていれば、試合で自信をもって演技できると

 

いうことなのかもしれません。

 

 

そしてこれは、入試にも当てはまると思います。

 

最終的に合否を分けるのは、

 

「どれだけのことをやったか」

 

という努力に基づいた自信です。

 

 

 

よ~し!

 

みんなが、積み上げた自信を持って受験会場に向かえるように

 

最後まで追い込んでいきますよ~

 

 

 

続きを読む

2018年

2月

22日

やるべきことをする。

 

志望校に合格するために必要なことは?

 

の質問に答えるとしたら

 

「やるべきことをすることです。」

 

と言います。

 

もちろん、そのやるべきことは志望校によって違いますし、

 

学習状況によっても変わってきます。

 

 

ですから、それぞれがやるべきことを確実に

 

こなすことが出来れば、合格します

 

ただ、そのやるべきことを確実にすることが

 

なかなか簡単ではないのかもしれません。

 

まぁ、簡単であれば、みんなが合格するわけで

 

そうならないように問題がどんどん難しくなるでしょう。

 

 

勉強はがむしゃらにするものではありません。

 

足りない知識を補い、そしてその知識の活用方法を

 

身に付けることです。

 

 

暗記に頼るではなく、ある考えに基づいて答えを求めること。

 

 

これが身に付いてくると

 

「難問が自分で解けた時の爽快感」を感じます。

 

そのときには、すでにその教科は得意科目になっているはずです。

 

 

なかなか成績を上げきれない子たちは、

 

暗記を勉強の中心に持ってきていませんか?

 

暗記したことをどう活用して問題を解くかを考えてみて下さいね。

 

 

問題の見方が変わってくるはずですよ!

 

 

 

 

 

2018年

2月

15日

私立入試が終わり・・・

 

私立高校入試の結果がでました!

 

うちの中3生も無事、合格しました。

 

併願の生徒は、ここからが勝負なので絶対に気を抜かないように

 

伝えています。あと一ヶ月!

 

ここから力はまだまだ伸びます!

 

 

あと、

 

今回は前年度までと入試問題の出題傾向が

 

ガラッと変わった高校が多く、戸惑ってしまった子が多かったみたいです。

 

過去問の意味‼

 

やはり、教育課程が変わることを意識してのことでしょうか?

 

とはいえ、

 

コロコロと変わる大阪府の公立高校入試システムよりは

 

よっぽどましです。

 

公立の過去問なんて、年度によって満点も70点だったり、

 

80点だったり90点だったり50点だったり、45点だったり・・・

 

少しは落ちついてほしいものです。

 

 

いやちがう!

 

こんな話じゃなくて

 

1か月後の公立入試に向けて!

 

という話です。

 

私立高校専願の子たちが解放されているのが

 

うらやましいだろうけど。

 

今は、我慢の時!

 

受験には、必ず終わりがおとずれます。

 

後悔のない結果をつかみ取るために

 

今、この時間を大切に過ごしてください!

 

 

続きを読む

2018年

2月

01日

卒テも・・・

 

卒業テストも終わり、

 

あとは、入試を残すのみ!

 

 

強い気持ちで臨みましょう。

 

私立専願生はあと10日‼

 

公立受験生はあと1か月と12日

 

 

いまさら何をやれば・・・

 

などどいう言葉をよく耳にしますが

 

実際は、

 

 

「 まだまだ伸びます! 」

 

 

理科社会などはその典型だし

 

英語もリスニングの練習、英作文のトレーニング、長文読解、

 

国語も記述練習

 

 

これらはやればやるほど伸びるものばかりです。

 

一日のノルマを決めてきっちりと進めましょう。

 

 

何をすればいいかは、担当の先生に聞きましょう!

 

 

もう出されてる人はそれを確実に進めていってください。

 

 

勝負はこれからなんです!

 

 

 

 

 

 

続きを読む

2018年

1月

23日

入試ムードが高まってきました。

 

入試がいよいよ近づいています。

 

新聞でも私立高校の希望調査がほぼ出ていましたね。

 

塾内でも専併願関係なく、過去問を解きまくっています。

 

みんな毎日塾に来てタイマーをセットして解いています。

 

教室内の空気も引き締まってきました。

 

 

ただ、来週、卒業テストがあるんですよ。

 

時間の配分をしっかりとしなくてはいけないです。

 

卒業テストと受験勉強

 

どちらもおろそかにならないように、宿題を小分けしていきます!

 

みんな、がんばろうぜ!

 

あっ! タイマーの予備を用意しておかないと!!

 

 

 

続きを読む

2018年

1月

16日

センターが終わり大学入試本番へ~

 

センター試験が終わりましたね。

 

ムーミン問題や試験官のいびき問題などが話題になっていますが

 

今回も不正行為で4名が全科目0点となりました。

 

不正行為といっても色々で、

 

ペンを置きなさいと言われてもまだ書いていた

 

これも不正行為にあたってしまいます。

 

気持ちはわからないでもないです。

 

ですが、試験時間は全員が同じ!

 

たった数秒であれ、不正は不正となってしまいます。

 

これに関しては、受験生の多くが気を付けるべきです。

 

もう少しで解けるっていう気持ちがついついペンを

 

動かしてしまうこともあるかもしれません。

 

チャイムや合図の声を聴いたらすぐにペンを

 

おくようにしましょう。

 

今までの努力が水の泡になってしまわないように。

 

 

 

2018年

1月

08日

新年度です。

 

2018年度が始まりました。

 

今年もよろしくお願い致します。

 

さて、昨年のお正月1月3日の新聞に

 

1面で 「早 慶 近」

 

と題した広告を掲載した近畿大学。

 

今年はどうすんだろう?

 

という興味があったのですが、

 

今年も同じく1月3日

 

「謹んで新年のお詫びを申し上げます。」

 

から始まる強烈な広告がだされていました(笑)

 

攻めてますね、去年より!

 

内容がさらに詳しくなって、とにかく攻めてます!

 

 

とにもかくにも、今年も注目を集めそうです。

 

個人的には、この広告は好きですね。

 

 

続きを読む

2017年

12月

28日

今年も・・・

 

残り少なくなってきました。

 

クローバーでは、

 

冬期講習の真っ只中であります。

 

みんなよく頑張っています。

 

中1は、文法のチェック

 

中2は、長文読解

 

中3は、とにかく解く!

 

高1・2は、文法のまとめと長文読解

 

高3は、もう泣くほど勉強してます!

 

それぞれが今までの限界を突破できるように。

 

あっ、

 

英語だけしか書いてない・・・

 

まぁ、全部書いたら大変なことになりますし。

 

 

 

詰め込み式から思考力中心にっ とはいえ

 

思考していく中で知識は必要なわけで、

 

覚えなくていいわけはないですよね。

 

この1週間で赤ペンを1本使い切りました。

 

丸付けって本当に大事なんです。

 

ちょっと前まで解けていなかったのに

 

解けるようになってるやん!とか

 

また、同じとこ間違ってるし!とか

 

自分で丸付けをやらせると、そこがわからないんです。

 

やらなければいけないことは個人によって違います。

 

それをしっかりと治療することで大きな自信となります。

 

その自信がいずれ得点に表れてきます。

 

そして、良い点数が取れた時の笑顔が本当にいいんです!

 

この笑顔を見たくてこの仕事をやってるといっても言い過ぎていません。

 

ってことで今年の講習は、あと二日!

 

みんな、がんばれ!

 

2017年

12月

20日

冬期

 

月曜から冬期講習が始まっています。

 

受験生だけ、早く開始しているんです。

 

学校終わりに、どんどん教室に入ってくる

 

風景をみると、受験が迫ってきているのを

 

実感しますね。そして、夏を越えてたくましくなったのか

 

少しぐらいの要求には、しっかりと応えようとしてくれます。

 

この時期の頑張りは、受験直前に生きてきます。

 

今回の講習は、問題演習スタイルです。

 

とにかく解いて問題形式に慣れる。

 

時間の意識も大事です。自分はどれぐらいの時間で

 

この問題が解けるのかを知っておくことで

 

「もっと速く解かないと!」「余裕持ってミスなく解くように!」

 

などの課題が見つかるものです。

 

クローバーの講習は、

 

「この2週間で現時点の自分の課題をしっかりと認識すること!」

 

これに尽きます!

 

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

14日

近づく入試!

 

センター試験まで、あと1か月をきりました。

 

センター試験がなくなる(名前が変わる)まであと2回!

 

それぞれが追い込みをかけていく時期です。

 

とにかく赤本(過去問)を解きまくったり、

 

問題集を片っ端から解いていったり。

 

ですが、こういった勉強はお勧めできません。

 

勉強とは、知識を身に付けていく作業です。

 

現時点で自分に足りていない知識を必要なだけ取り入れる。

 

身に付いている分に関しては、すぐに取り出せるように

 

磨いておく。解けなかった単元はピンポイントで徹底的に

 

補強することが大切です。

 

赤本は、出題形式や傾向の分析と時間配分の練習として

 

使うものでこれは勉強といえば勉強といえますが・・・

 

程度に考えておくべきだと思います。

 

これはもちろん、高校入試にも当てはまります。

 

これからの大事な期間を過去問だけやって

 

勉強した気になっては絶対にいけません。

 

 

 

 

 

2017年

12月

06日

実力テスト!

 

最近の講師ミーティングの中で時間を多めに割いてる議題がありまして。

 

それは、ある生徒の成績がなかなか伸びないということについて。

 

その子は7月に入塾して4ヵ月経つのですが、成績がなかなか上がってこない。

 

なんでなんだ? 今の形ではダメなのか?

 

であれば、現状分析と今後の方針をもう一度作り直そう。

 

そんな作業を進めていたんです。

 

そんな中、実力テストが返却されてきました。

 

 

なんと30点アップ‼

 

僕をはじめ、担当講師達が一斉にガッツポーズ‼

 

「 ついにやったな! 」

 

「 よかったね! 」

 

「 こっからが勝負やな! 」

 

これこそ、やっててよかった瞬間ですね。

 

もちろん作り直したプランニングをもう一度作り直しました。

 

やっぱり、「努力は決して裏切らない。」ですね。

 

これで、自信もつけて今まで以上に意欲をもって取り組めるはずです。

 

 

2017年

11月

30日

ガンバレ!

 

期末テスト週間です!

 

先週から自習に来る子たちが多く、教室が熱い(笑)

 

中には「これやったら何点取れる?」

 

と、答えに窮することを聞いてきたり。

 

「何点取れるかはわからないけど、やった分は確実に実力とし

 

て身に付くよ。」なんてことしか言えないことに

 

自己嫌悪に陥ります。

 

もっとやる気が出る言葉をかけたいのですが!

 

頑張った分だけ点数を取らせてあげたい!

 

みんながミスなく実力を出せていることを願っています。

 

 

2017年

11月

11日

大学入試

 

大学入試がドタバタしています。

 

続きを読む

2017年

11月

02日

結果がでるのは・・・

 

2学期に入り、テストが多くその結果に一喜一憂しがちです。

 

テストが良かったときは本当に誇らしげで、なのに1週間後

 

次のテストが帰ってきたときは、悲壮感が漂っている・・・

 

確かに、結果は大事なのでそうなるのはわかります。

 

ですが、この時期のテスト(模試や実力テスト)は自分が

 

出来ていないところを見つけるために使ってほしいものです。

 

テスト結果が良かろうと悪かろうとしっかりと「直し」をおこなう!

 

これによって自分の弱点がつぶされていきます。

 

悪かったときは時間がかかるでしょうが、分厚い問題集を解くより

 

は効率がいいはずです。

 

意外とみんなやらないんですよ!

 

「言わないと‼」ですね。

 

 

 

2017年

10月

26日

一喜一憂

 

中間テストが帰ってきましたね。

 

クローバーでは、成績が上がった生徒が多く

 

いわゆる『ゆるみ』が気になっています。

 

もちろん結果が良かったのは本人の頑張りなので

 

素直に「やったね!」なのですが、

 

その後の宿題のやり方が甘かったり、忘れ物があったりで

 

となると話は別です。

 

勉強というのは、しっかりとやりさえすれば

 

必ず結果が出ます。

 

ということは、この『ゆるみ』が中途半端さに

 

繋がればもちろん、次の結果として跳ね返ってきます。

 

なので、結果が出た時こそ

 

今までやってきたことをしっかりと続けること。

 

これが鉄則です。

 

そして、先生方と対策をたてました。

 

しかし、逆に。

 

今回結果が出たことで大いにやる気になっている生徒もいます。

 

取り組み方も積極的になっています。

 

おそらく、良い点数を取ることの喜び、今までの周囲からの目が

 

変わったことの嬉しさ、そしてなにより、

 

「やればできるんだ!」という自信の笑顔!

 

この仕事をやってて良かったと感じるのは、

 

そんな表情をみせてくれた時です。

 

その笑顔を見るために、

 

これからもがんばっていきます!

 

 

2017年

10月

19日

英単語・・・

 

来週は、クローバー恒例の月1単語テスト週間!

 

それぞれがノルマの語数を毎月覚えてテストする。

 

そして、そのノルマは毎月増えていく雪だるま方式(笑)

 

例えば、今月が1~100個がノルマだったとすると

 

来月はさらに100個増えて1~200個になるという方式。

 

そしてテストは100問! 

 

1問1点で各自の得点により、「ごほうび」や「おしおき」を

 

もらう形(笑)

 

毎月毎月あるのはわかっているのに勉強し始めるのが遅いのか

 

今から「ヤバイやばい!」っていってます。

 

前回の最低点は62点!最高点は87点!

 

一番進んでいる生徒の範囲は700個!!

 

範囲が増えるほど本当に厳しくなるこのテスト。

 

中間テストも終わったことだし、しっかりと覚えてもらいましょう。

 

 

2017年

10月

14日

確実に伸びるには・・・

 

「確実に伸びるには何が大切か」

 

これには、様々な答えが浮かんでくるのですが

 

その中でも最も大事だと思うことがあります。

 

それは

 

「人の話をよく聞いているか?」 です。

 

それは、先生や親のだけではありません。

 

友達の話もです。

 

聞いてそうで聞いていない人も多いです。

 

自分のやり方を貫くことも大事ではあるのですが、

 

まず、立ち止まって他の人の言葉に耳を傾けること

 

これが大切なことだと思います。

 

問題の解き方、文の読み方、ノートの書き方など

 

伝えていることはたくさんあります。

 

みんなそれを「聞かないわけではありません」

 

そのときは「そうだそうだ。」と思っているはずです。

 

ですがそれを実際に、しっかりと行動に移している

 

かとなると、これが一気に少数となってしまいます。

 

気が付けば頭から抜けてしまっている人が多いです。

 

「スポンジのような吸収力」とはよくいったもので

 

これは「取り入れようとする姿勢(気持ち)」

 

がどれだけあるかということかもしれません。

 

 

 

 

 

2017年

10月

06日

恋ダンス!!

 

いやいや、昨日はスゴかったんです!!

‼️

何がって!

 

それは、昨日ある生徒が問題を解いているときに

 

これは解けないといけないと感じた僕は、

 

このページ全問正解しなかったらダメだよ。

 

って言ったんです。すると、もし間違ったらどうする❓

って話になり、なぜか「 恋ダンス 」を踊ることに!!

 

そして先日宿題を忘れてきた生徒が歌うことになり

 

さぁ〜、答え合わせ!

 

見事に(?)2問だけ間違い!

 

惜しかったんですが

 

やってしまったからにはやりましょうね(笑)

 

もちろん授業が終わってから

 

歌詞をプリントしてミュージックスタート!!
‼️

すると、上手なんです!!
‼️

うお~、うまい!!
‼️

なんて言ってるうちに他の生徒も一緒に踊り始め、

 

先生も歌い出し、もうみんなテンションが上がって!!
‼️

動画撮ろうとしてましたが

 

これは、ここにいた人間しかわからないノリだったので

 

ここだけのものにして目に焼き付けました。

 

今になって「恋ダンス❓」って思いますけど

 

それ以上にみんなが歌えて踊れることを

 

発見した楽しい時間でした!

 

腹を決めて、恥ずかしさをこらえて踊った子の度胸に

 

とても感心しました!!
‼️

そして加わっていった子達も、なかなか優しいやん!!
‼️

2017年

10月

04日

なんでもない話

 

秋がやってきましたね。

 

スポーツの秋

 

食欲の秋

 

読書の秋

 

なんていいますが、ようは過ごしやい季節ってことですね。

 

なにをするにもいい季節。

 

そして、今日は中秋の名月(十五夜)です。

 

ってなんのこと?

 

はい、理論上は満月になる日ってことみたいです。

 

月は満ち欠けを1か月で行うと言われていて、

 

その半分にあたる十五日が満月になります。

 

その満月のなかでも中秋の満月が有名なのは、

 

実りの秋をむかえ、その年の実りに感謝する意味で

 

団子を供えられて呼ばれるようになった月見団子

 

とセットになっているから(笑)

 

なんて話を昨日、生徒に話したんですけど・・・

 

大筋は間違っていないはずですよね。

 

最後は僕の個人的な見解も入っていますが(笑)

 

マ○クが「月見バーガー」の宣伝のために

 

作ったと思っていた生徒もいましたよ(笑)

 

なかなかの見解にちょっと驚きました。

 

妙に説得力がある・・・

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

27日

受験特訓

 

今月より受験特訓が始まっています。

 

中学3年とはいえ、この時期はまだまだ受験に対する意識も

 

低く、学校の授業も体育祭などの行事で変更したりと

 

なかなか勉強に集中できないものです。

 

ですので!!

 

あえて!!

 

この時期であっても受験を意識してもらうために、

 

この受験特訓を開校しています。

 

中身は・・・

 

一言でいえば、ハードです(笑)

 

5教科全てやりますし、もちろん宿題もあります。

 

そして毎週テストがあり、点数は教室に張り出しています。

 

しかも授業前に宿題ノート提出があり、前日に返却されます。

 

生徒たちは、もちろん悲鳴を上げています。

 

ところが、2か月もするとこれが普通のペースとなるんです。

 

適応力ってすごいですよね!

 

今は、週明けに張り出されたテスト結果の前に次々と生徒が

 

集まっている光景がよくみられます(笑)

 

 

2017年

9月

19日

説明会!

 

各高校で体験入学や学祭への参加など、

 

高校受験を意識してもらうイベントが開催されています。

 

受験生たちは、これに参加して「ここに行きたい!」

 

「こんなことがしたい!」と夢を膨らませ、それが

 

受験勉強への意欲につながればとても意義のあることです。

 

ですが、完全にパフォーマンスを意識しすぎるあまり、

 

本来の高校紹介とはかけ離れてしまっていることも

 

中にはあるようです。

 

ですが、このパフォーマンスも結構大事なんだと

 

ある高校の先生が教えてくれました。

 

楽しい体験をして、「良いイメージ」を持ってもらう。

 

それを中学校の教室で共有してもらうことで

 

その高校に興味を持ってもらう。

 

というような効果もあるみたいですね。

 

僕としては、高校の厳しさを「ガツン!」と教えて

 

もらって「このままではヤバイ!」って気持ちを

 

与えてもらいたいところなんですが・・・(笑)

 

そんなわけにはいかないみたいですね。

 

浮ついた気持ちはなかなか消せないものなんですよね。

 

さぁ~!

 

これからどんどん追い込んでいきますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

12日

2学期!

 

2学期も始まり、学校の授業も本格的に進みだしています。

 

この時期から大事になってくるのが、もちろん中学3年生の授業内容です。

 

受験生だし、当たり前の話です!

 

ただ僕が言っているのは、そっちではなく進度の話!

 

大阪府内には多くの中学校がありますが、もちろん

 

どこの中学校でも授業が行われているわけです。

 

ということは、進度にも学校によって開きが出ますよね。

 

今日はその話です。

 

他の学校に比べて、進度の遅れている教科がある場合、

 

おそらく、担当の先生は必死です。

 

遅れ具合にもよりますが、某中学校の社会なんて・・・

 

「どうするんでしょう?」ってぐらい遅かったり。

 

まぁでも、社会ならまだしも、それが英語や数学の場合は悲惨です。

 

中学3年生の英数は、後半になるほど時間をかけて

 

説明しないといけない骨のある単元が多いのですが、

 

時間が無くて、その単元をわずか数時間で読み進めて

 

終わらせてしまうこともあるようです。

 

色々と事情はあると思うのですが、被害を受けるのは

 

もちろん受験の当事者である生徒になってしまいます。

 

何年も前からこの話はあるので、

 

「仕方ない」

 

ということなのでしょうか?

 

うちは「それはあるもの」と考えてしっかりと進めていますが

 

「なんとかならないものか」と、ついつい思ってしまいますね。

 

 

2017年

9月

04日

講習、打ち上げ!!

 

昨日は夏期講習の打ち上げ、

 

何をしたかというと

 

それは・・・

 

・・・

 

 

続きを読む

2017年

8月

30日

今日はテスト!

 

今日、クローバーでは朝から夏休み明けの学力テストが行われています。

 

夏休みの学習理解を確認するテストですが、

 

中学3年生には、受験を意識したテストとなっています。

 

夏休みに基礎力を身につけた(夏から本格的にやり始めた)組には

 

ハードルが高いテストといえます。

 

テスト中に心が折れてしまう子もいたりするのかな?

 

ですが、どれだけ難しいテストにも絶対に解ける問題は存在するので

 

最後まであきらめずに頑張って取り組んでほしいものです。

 

最近は、メンタルが弱く、すぐに「まいった」してしまう子が多いと感じます。

 

解ける問題を確実に、できない問題は後で復習して次回解ければいいのです。

 

まだ9月になったばかり。ちゃんとやっていけば確実に実力は身に付きます。

 

一つ一つ出来る(解ける)ことを増やしていきましょう!

 

これからだぞ~!!

 

 

続きを読む

2017年

8月

23日

2学期に向けて

 

高校入試の制度において内申点が与える影響は非常に大きいですよね。

 

しかも現在では、中学1年生時から内申点が入試の得点に計算されるようになっています。

 

これはこれで、中1・2年生の引き締めにつながるとは思うのですが、

 

以前までは通用していた

 

「中3夏~クラブ引退してから一気の追い込み」

 

これが、なかなか厳しくなっています。

 

特に公立の上位高を目指す場合、内申点の低さはリスクを大きくすることから

 

最終的に断念することになってしまうことも多いんです。

 

このブログをいつも見てくださっている方々であれば、

 

このことはすでに承知済みで、もしくは対策まで立てていらっしゃる方

 

もおられるでしょう。

 

こうなると、時間の使い方が大事になってきます。

 

部活終わりや土日をうまく使って時間を作ることができているかで

 

3年生までの基礎体力が変わってきます。

 

3年生になるまでにどれぐらいの基礎が身に付いているかがポイントです。

 

欲を言えば、もちろん

 

小学生の間にしっかりとした思考力と読解力を身につけて中学1年生を迎えること

 

が一番のポイントなのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

8月

19日

お盆休みも明けて

 

クローバーの短いお盆が明けまして昨日より熱血講習が再開されています。

 

3日間ではありましたが、みんな結構ゆっくりと過ごしたみたいで

 

なかなかいい顔をしていました。

 

宿題もしっかりとやっていましたし、これから先が楽しみです。

 

夏休みも残すところ、あと約1週間です。

 

夏期講習も大詰めを迎えてきます。小テストや宿題発表などが

 

抜き打ちで行われたりするかもしれないので気を抜かず、

 

宿題をきっちりとよ~く考えて解いてきましょうね!

 

 

 

 

2017年

8月

09日

宿題に追われ・・・

 

クローバーでは夏の特別授業の真っ只中というところでしょうか。

 

みんな、本当に頑張ってます。

 

いや、マジで!

 

週4日、5日で授業があるうえ、宿題が毎回でます。

 

まさに「宿題に追われる!」的な状態ではないかと思われます。

 

ですが、これは

 

クローバーの通過儀式のようなもの

 

みたいです。

 

入塾して1ヵ月ぐらいで保護者面談をするのですが、

 

そのとき、お母さんがほぼおっしゃるのが

 

「宿題に追われて・・・」ということ。

 

やはり、今までと違って宿題がしっかりと出る状態に

 

ついていくのが必死になるんでしょうね。

 

ですが、それも最初の話!

 

子供たちの適応能力はさすがのものです。

 

いつのまにか流れに乗れるようになっています。

 

宿題に追われることは悪いことではありません。

 

しっかりとした学習習慣を身につけるいいチャンスとも言えます。

 

毎日少しずつこなせばそこまで大変なものではないということを

 

理解すれば、大丈夫です!

 

 

 

 

 

2017年

8月

02日

クローバーの夏!

 

8月になり、クローバーも夏期講習が始まっています。

 

小学生は、週2~3回ぐらいですが中学・高校生は週5・週6で講習があります。

 

基礎から応用までをとことん繰り返して学習することで確実に知識の定着をはかります。

 

もちろん毎授業に宿題が課せられていますので、ただ来るだけではすみませんよね(笑)

 

強い決意と覚悟をもって受講してきてくれていることを信じています!

 

下のファイルはその決意と覚悟を応援したいと、先生が書きました!

 

この夏で実力を一気に伸ばしますよ~!

 

 

 

続きを読む

2017年

7月

27日

夏休み!!

 

今年の夏も本当に暑いですね。

 

これから8月になり、どんどん蒸し暑くやるかと思うと心が沈んでくるのは

 

僕だけではないはずですよね・・・

 

そして、受験生にとっては!

 

大事な夏!勝負の夏!

 

本人を取り巻く周囲から、大きなプレッシャーをかけられているはずです。

 

ただし、中学3年生はまだそこまで追い込まれていない というのが実感です。

 

「やったところで・・・」などどマイナス発言をしたりもします。

 

かたや、昨日きた高校3年生が

 

自分で作った一日のスケジュールを見ながら

 

「これだけで大丈夫ですか?」

 

「まだやらないといけないことがあるんですけど!」

 

「やることを追加してください!」

 

そして、そのスケジュールには、朝8時~夜10時まで、休憩を10~15分はさんだ

 

勉強(科目・課題別)の予定がぎっしり!

 

これが「志望校を見据えた子が作るスケジュールであり、覚悟を持った勉強」ですよね。

 

横で聞いていた中3の生徒が少しやる気を見せだしたのも当然です。

 

この「覚悟」が中3に伝染するように教室で盛り上げていきますよ~!

 

 

2017年

7月

18日

教育改革が二転三転・・・

 

2020年度に大学入試制度改革が行われることは、以前も触れました。

 

英語のテストを英検やTOEFL、GTECなどで代用して受験するというのが

 

大きな目玉でした。

 

ただし、ここへきて・・・

 

しばらくは英語のテストも行われ、どちらかを選んで受験する的な

 

形で落ち着く模様。

 

 

さあ~、これで教育現場は大混乱が確実です。

 

せめてテストの出題方式を各種検定試験によせて作ってほしいものです。

 

漠然と「すべてのテストに対応しできる実力を身につける。」は無理がありますよね。

 

高校の先生方の手腕が問われることになりますね。

 

ということは、高校選びが大事になってきます。

 

もちろん僕たちも、カリキュラムを組んで指導のやり方を変化させていきます。

 

2020年に向けて、これからもさらに二転三転しそうな雰囲気が漂うぐらい

 

グラグラの骨子でしたので、

 

しっかりと見守っていかなければいけないですね。

 

 

 

 

2017年

7月

11日

今の時期が大事!

 

期末テストが返却され、その結果に一喜一憂するのも終わり

 

学校も通常授業に戻っているこの頃。

 

ただし、実はこの時期が他との差を広げる、もしくは追いつく

 

絶好の機会なんです。

 

学校も期末が終わったことで進度もある程度遅くなっているはずです。

 

ここで1学期の復習をきっちりとやり始めるチャンス!

 

この2,3カ月で学習した内容ならまだ思い出して自力で復習することができるはず。

 

これが夏休みに入ってしまうと、宿題などに追われて結局しそびれる

 

なんてことになりがちですね。

 

なので今、この時期!

 

とりあえず、1学期に学習した範囲をもう一度復習し始めてみましょう。

 

今なら、そこまで大変な思いをせずに理解して解くことができるはず。

 

ただ、これをやるかどうか!!

 

ただそれだけで2学期の助走は大きく変わってきてしまうんです。

 

 

 

2017年

7月

05日

台風一過・・・

 

1学期の期末テストが終わり始めています。

 

中学校は、ほぼ先週でテスト終了、今週はどんどん返却されている最中でしょうか?

 

高校生は今週いっぱいまでテストといった感じですね。

 

そして、クローバーで月曜から始まっているのが・・・・

 

「テストのやり直し」です!

 

これが間違いなく一番大事です。

 

結果の悪い子ほど、結果にふたをしてしまいます。

 

テストは終わった後が肝心です。

 

教育相談会で保護者の方々が「結果を見せてくれない」

 

「無理やり見たとしても、くちゃくちゃになっていて

 直しが出来る状態じゃない。」

 

などとおっしゃられます。

 

「テストの解き直しは絶対にやる!

 

この意識を持っているかどうかが成績を伸ばす

 

一つのカギだと確信しています。

 

というわけで今週はクローバーでは

 

「直しの嵐」が吹き荒れるでしょう(笑)

 

 

2017年

6月

28日

テスト前に

 

~テスト前です~

 

いつもの事ですが、

 

この時期になると生徒が自習にわんさか!!

 

ここで一つ、確認すべきことがあります。

 

自習に来ることは良いことなのですが

 

はっきりと「 何をどこまで 」の意識を持っていますか?

 

自習は「何をどれだけしたか。」が大事です。

 

来るだけでやった気になってしまうようでは

 

来ない方がよっぽどマシです。

 

来る限りは確実に一つ一つ身に付けていくこと。

 

中途半端に自習してる生徒には、

 

容赦無くプリントをやらせます(^^)

 

提出物を出すことが勉強?

 

とんでもないですよね。
‼️

提出物なんてやって当り前。

 

大事なのは、自分で解くこと。

 

とにかく解く。

 

丸つけして理解する。

 

理解したら解く。

 

これの繰り返しです。

 

さぁ〜

 

これで自習に来る生徒が減るかも・・・

 

逆に

 

「 プリント作って! 」

 

の声を心待ちにしてますよ~

 

 

 

2017年

6月

20日

こんなポスターを

続きを読む

2017年

6月

13日

大事なこと②

 

先日の問題提起について

 

何人かの方がお問い合せからご意見をくれました。

 

「昨今の英語教育に関する過熱ぶりにウンザリです。」

 

「これからの時代、英語は絶対に必要です。」

 

など、小中学生の保護者の方からの声でした。

 

本当にありがとうございます。

 

僕としても、英語を否定したわけではありません。

 

もちろん、若年層からの英語教育にも賛成します。

 

ですがその前に、もしくは並行して身に付けて

 

おくべきものがあると思います。

 

それは、「文章を読む」ということです。

 

これはただ本を読めばいいというわけではありません。

 

読んでその内容を理解するということです。

 

国語の勉強って何をしますか?

 

ほとんどの人が、漢字などを覚えるぐらいでしょうか?

 

違います!!

 

国語の勉強は文章を読んでその内容をしっかりと理解し、

 

自分の言葉で書くことです。

 

文章を読まない人に読解力の向上はあり得ません。

 

そして、他の教科にも影響を及ぼすことになります。

 

ただ読むだけではなく、しっかりと中身を理解する。

 

そして、その内容を自分でしっかりと書き表す。

 

これは、小さい頃からの積み重ねです。

 

ですが、いつからでも読解力は伸ばせます。

 

あきらめないで続けることが一番大事です。

 

 

ということで・・・

 

学習塾クローバー「国語塾」

 

7月にスタートします!!

 

詳細は、またHP上にてお知らせします。

 

対象は小学4年生~中学2年生の予定です。

 

この講座の目的は

 

「無敵の読解力」の育成です。

 

ご期待下さい!

 

 

 

0 コメント

2017年

6月

06日

大事なこと

 

英語はとても大事です!

 

そのことについては、はっきりと断言できます。

 

そのうえで言いたいことがあります。

 

他者の考えをしっかりと聞いて理解する力。

 

自分の考えを相手にしっかりと伝える力。

 

この2つの力がなければ、

 

なかなか大変なことになります。

 

英語はその2つの力を外国人に伝える

 

ツール(道具)でしかないということです。

 

もちろん日本で暮らしているかぎり、

 

圧倒的に同じ日本人と接することが多いので

 

英語を使う機会は、限定的です。

 

ですが、どちらにせよその2つの力は

 

確実に必要です。

 

この力は、生きていくうえで自然と

 

ある程度は身についてくるものなのですが

 

最近はそうでもなくなっています。

 

スマホやゲーム、ネット等の普及につれて

 

人が一日に話す量が20年前と比べて半分以下

 

になったと言われています。

 

このことの一番の犠牲が

 

「小中高生の国語力の低下です。」

 

もちろん全員ではないのですが

 

平均としては大きく低下しています。

 

これが、国語だけでなく他の教科に、

 

しかも英語にまで深く影響を及ぼして

 

いるのが現状なんです。

 

 

今日のところは問題提起まで。

 

 

2017年

5月

30日

出会い

 

以前、働いていた塾で通ってくれていた生徒のお母様から先日、連絡をいただきました。

 

その生徒は今年高校2年生になったのですが、生徒会長になり、

 

そしてその高校が情報番組の特集でとりあげられ、TV出演していました。

 

TVでは成長したその生徒の姿も見れ、さらに学校の顔としてポスターの

 

表紙をかざったりと、高校生活を充実させているのが十分伝わってきました。

 

こういったとき、本当に仕事冥利に尽きるんです。

 

お母様は感謝の気持ちを伝えてくれたのですが、僕からすれば

 

「こちらこそ、ありがとうございます。」

 

という思いなんです。

 

やはり、自分と関わった生徒のその後は本当に心配なんです。

 

なので、しっかりと自分の道を歩いてくれていることを知らせていただけて

 

とてもうれしかったです。テンションもいつもより少し上がってます(笑)

 

そして、そのTV番組にはその高校の前生徒会長も登場したのですが、

 

なんと、その子もまた、小学校時代に僕が教えていた生徒だったんです!

 

このことは、おそらく本人たちも知らないはず?

 

時も場所も全く違うのですが、こうして繋がってしまう偶然。

 

なさそうですがある話です。

 

その2人の生徒のこれからにも、勝手に(笑)心配していこうと思っています。

 

 

 

 

 

2017年

5月

23日

テスト期間です

 

テスト期間中のため、自習に来る生徒が多く教室の空気が・・・うすい(笑)

 

暑いからエアコンをつけると、しばらくして今度は寒い・・・

 

設定温度を上げたり下げたり・・・

 

まぁ~文句の多い生徒たちですが、なんだかんだで

 

きっちりとやっているようで一安心です。

 

家ではなかなか集中出来ないというのですが、

 

塾では、結構まじめにやるもんです。

 

これからは宿題も塾でやらせてみようかと考えたりしてます。

 

「それって宿題じゃないやん」って言われるかな(笑)

 

宿題の間違いが多い生徒限定でやろうか・・・

 

今度、多数決をとってみよう・・・

 

もちろん生徒じゃなく他の先生方とです。

 

「 宿題を塾でヤルDAY! 」

 

  ・・・

 

おそらくボツになりますね(笑)

 

2017年

5月

16日

イオンモール

 

先日、買い物に行ったところ

 

このようなパネルを発見しました。

 

すぐに現場に行くと、一室で中高生たちが

 

勉強に励んでいました‼

 

家族で買い物に行き、自分は自習しているのか?

 

それとも近くの子たちが来ているのかは

 

わかりませんがいい空間でした。

 

イオンとしては、なかなかいい戦略だと思います。

 

15,6人程がしっかりと勉強しているのを見て、

 

職業柄うれしかったですね。

 

クローバーも自習大歓迎です。

 

どんどん来てくださいね。

 

2017年

5月

13日

格言

 

あなたが生まれてきたとき

 

あなたは泣いていて周りの人たちは笑っていたでしょう。

 

 

だから、いつかあなたが死ぬとき

 

あなたは笑っていて周りの人たちは泣いている。

 

そんな人生を送りなさい。

 

 

ネイティブアメリカンの教えです。

 

有名ですが、あらためて「深い」と感じます。

 

この言葉を知ったとき、僕はまだ大学生でそれなりに重く受け止めた

 

と記憶しているのですが、今になってまた読み返すと

 

とらえ方がまた違っているのがわかります。

 

このように同じ人間であっても、そのときどきでとらえ方や受け取り方が

 

違うということです。ましてや別の人間、さらに小学・中学・高校生に伝えたい

 

と思ったら本当に真剣に向き合わないと伝わるわけなんてない。

 

あらためて、大事なことを再認識しました。

 

 

2017年

5月

09日

GW明けまして

 

GWが終わましたが、まだまだGW気分が抜けない人も多いことだと思います。

 

これはうちの塾生にも当てはまるわけで・・・

 

GW中の課題(結構ハードなやつです。)がもちろん出ていたのですが、

 

それをやり切れずに持ってくる生徒がいたんです。

 

少しずつやれば確実に終わる量なのですが、2日前ごろから始めるとそれはもう

 

ほぼやりきれないことになってしまいますよね。

 

その子は、といいますと・・・

 

本日から毎日来てもらうこととなっております。

 

「やらなくても何とかなる!」

 

これは、うちの塾では通用しません(笑)

 

やらなかった責任は、きっちりと自分でとりましょう。

 

もちろん直しまでしっかりとやり終えてもらいますよ!

 

しっかりとやってきていた大多数の人は、直しをして中間テスト対策に入りましょう!

 

 

2017年

4月

25日

確認テスト大会!

 

先日の話!

 

完全に抜き打ちで単元の確認テストを行いました!

 

そして、そのテストの得点を自分で予想してもらって

 

TOP賞とニアピン賞を作ってやってみました。

 

ニアピンとは自分の予想得点と実際の得点の差で出しました。

 

結果・・・

 

ニアピン賞を獲ったのは、点数差が-14点の生徒。

 

そして、一番差が激しかったのは、-52点の生徒。

 

曰く、「結構取れてると思ったんだけど・・・」

 

そうなんです!

 

みんな、自分では出来てるつもりなんですよね。

 

でも結果、何かしら間違って点数がどんどん引かれていく・・・

 

これで、見直しの大事さに気づくはずです。

 

時間が許す限り、見直し、解き直しをする。

 

これが徹底できれば、+10点ぐらいは普通にあがる。

 

これを知って欲しかったんです!

 

またやります!

 

もちろん、抜き打ちですけどね(笑)

 

 

2017年

4月

18日

本当に

 

今日、小6と中3の学力診断テストが全国一斉で行われました。

 

問題を見て・・・

 

算数・数学ともに文章が多い‼

 

文章を読むのが苦手な子には本当にキツかったかもしれません。

 

グラフの読み取りや図形などがほとんどで、ただの計算問題はわずかに5問程度!

 

先日のこのブログでふれていた内容そのままの思考力重視型問題となってしまいました。

 

これは、これからの小中学校でのテスト問題への影響が避けられませんね。

 

うちは昨年の開校以来ずっと「よく考えて解くこと」を粘り強く指導しています。

 

少しずつ努力が形になっている姿をみて、本当にうれしく思います。

 

みんな、がんばろうぜ!

 

2017年

4月

14日

ですね。

 

最近、新聞や雑誌で教育に関する話題を頻繁に目にします。

 

2020年に大学入試改革に向けて小中高の教育のあり方も見直されています。

 

暗記型入試から思考型入試へを徐々に変化させていく方向性で進んでいます。

 

「 ここはこうなるからこう覚えておくように! 」

 

これは僕が以前に働いていた大手の学習塾で実際に行われていた授業です。

 

みんなしっかりとノートに移していましたが、理解できて似た問題を自力で

 

解ける子がほとんどいなかったです。

 

ここ数年で「問題の意図や中身を理解せず、文章題や長文をほぼ適当に

 

やり過ごす」生徒が増えたと感じています。

 

定期テストでは、そこそこ点数を取っている子たちもこれに当てはまって

 

いて結果、学力テストでなかなかヒドい点数をとってしまっています。

 

これはもう暗記型テストに完全に対応してしまった故におこる悲劇です。

 

普段からテストの中身をしっかりと確認してどこが解けていないのかを

 

確認しないといけません。

 

つづく・・・

 

 

2017年

4月

11日

~花見~

 

今日はあいにくの雨ですが

最近はあちらこちらで満開の桜を

見れて心が落ち着きますよね。

お休みに花見に行こうかとか考えていたのですが、

うちの教室の窓から見える景色が桜満開ですごく

きれいなことを昨日知りました。

生徒も「ちょうどいいとこに窓がある」とか言って見ていました。

今日は天気だけでなく、カメラの腕(こっちはいつも)

も悪いですが一枚とってみました。

続きを読む

2017年

4月

04日

時の流れ…

 

先のことは本当にわからないです。

 

就職活動の時、日本航空、シャープ、東芝などは本当に大人気な会社だったんです。

 

同期の子たちも、内定を取ったときはこの世の春がごとく喜びを爆発させていました。

 

そして、あれから15年程です。なんということでしょう!

 

日本航空は会社更生法、シャープは台湾の企業に買収されてしまい、東芝は見通し不明の事態!

 

日本航空は今は立ち直っていますが、だれがこんなことが想像できたでしょうか?

 

同期の子たちはどうしているのでしょうか?

 

何が安心とか、どこが安全なんて考えること自体がもう意味をなさないのかもしれません。

 

10年後、20年後なんて誰にもわかりません。

 

ただ、自分が身に付けた知識や教養はなくしたり、奪われたりしません。

 

その使い方次第で道は開けると思いたいところです。

 

先日、府内の私立高校の先生とこんな話をしました。

 

2017年

3月

28日

春期

新学年・新学期・新生活

 

色々と、心が躍る時期です。

 

でも、新学期や新学年の始まりが9月となっている主要な国々も多く、

 

グローバルな観点から好ましくないという意見も多いですよね。

 

個人的な感情としては、9月の紅葉の季節よりも4月の新芽の季節に

 

何かが始まるというのは、とても晴れやかでいいと思います。

 

…そんな中、春期講習ご苦労様です(笑)

 

普段の学校終わりの疲れた姿と違って、朝や昼に見る明るい姿は見ていて気持ちがいいですね。

 

「明日、USJ行くねん!」とか「もうすぐ入学式や!」「クラス替えや!」とかを

 

話してくれるのを聞くと、なんとなく楽しい気持ちになります。

 

春休みなので宿題も無いとか出ていても少ないとかで生徒もルンルン!

 

そのテンションで講習も乗り切ってほしいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

2017年

3月

23日

ゆとり

 

ゆとり教育が完全に終わろうとしています。

 

2020年度の大学入試改革に合わせて小中高も指導要綱が大きく変わり始めています。

 

増えた授業をどこに入れるか?1日の時間数を増やすか?土曜日を復活させようか?など

 

活発に議論されているので、学習内容が大幅に増えることは間違いないでしょう。

 

これにより生徒の学力差がさらに進むことが予想されます。

 

授業についていける子とついていけない子がい一緒に同じ授業をうけることは、

 

どちらにもデメリットです。学力別のクラス分けが必要な時代になっているのでしょうか?

 

これもなかなか反発があるだろうし、じゃあどうすればいいのか?

 

という迷路に入っていくのかと。

 

やはり僕たちの役割は、これからさらに責任重大になってくると考えています。

 

襟を正して励まなければいけないと思います。

 

 

 

 

2017年

3月

18日

3者面談

 

この時期はどこの学校も3者面談の時期ですよね。

日頃の学習態度、提出物、成績表とすべてが明らかになる・・・

 

生徒からすれば、とても勘弁してほしい(笑)

保護者からすれば・・・

いろんな意味でやっぱり勘弁してほしい(笑)

学校の先生方も、ひょっとしたら・・・

ある意味、誰も歓迎しないこの面談ですが、

 

はっきり言って絶対に大事です!

 

この面談ではっきりと確認することが必要です。

 

現在の自分の立ち位置をです‼

 

成績は人と比べるものではありませんが目安になるのは

やはり比較です。

自分が今所属する集団の中でどれ位の位置にいるのか

は確認しておく必要があります。

これは小学生、中学生、高校生すべてに言えます。

 

つづく

2017年

3月

15日

昨日のつづき

これらを踏まえると、大事な事が見えてきます。

 

それは、「考え抜くこと」です。

 

気軽に教えてもらうことは、自分で考える発想力を完全に抑え込んでしまいます。

 

正解することはもちろん大事な事です。

 

ですが、そこに至るまでの過程、つまり自分の答えを導くまでの脳の活動が

 

一番大切だと考えています。

 

これは、ほぼすべての教科に当てはまります。

 

考えて自分なりの答えを導く、それがたとえ正解でなくてもどう考えたかが

 

しっかりと出来上がっていれば、どこが間違っていたのかを理解することができます。

 

これこそが勉強の本質なのではないでしょうか?

 

うちの生徒達には、暗記で乗り切ろうとするのでなく、

 

しっかりと「考える」子になってもらいたいですね。

 

 

TOPへ戻る

和泉市緑ヶ丘の個別指導・パズル道場の【学習塾クローバー】

大阪府和泉市緑ヶ丘1-11-16門忠ビル3A
電話番号
0725-53-1239
営業時間
13:00~21:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ