生徒一人ひとりが自身で考え解決へ向かう力を身につけられるように

当塾では、勉強を教え成績の向上や受験の成功のお手伝いをすることはもちろんですが、自分自身で問題や課題に挑戦し、考え解決する力を養うことに重点をおき、指導しています。『わからない問題にどのように立ち向かうのか』という思考力と判断力を鍛えます。様々な問題を色々な角度から考える練習をすることで、やり方を暗記するのではない『解ききる力』を育てます。



直しが大事!

 

これはうちの塾生に毎回のように言い続けている言葉です。

なぜか?

言わないとすぐに中途半端になってしまうからです。

一般的に、やったという事実に満足してしまいがちです。

ですが、解いた問題がどうだったか?

解けなかった問題がなぜ解けなかったのか?

解いたのに間違えた問題は、どこが間違っていたか?

ここに焦点を合わせないと意味がないんです。ただ、これをやらない子が多いです。

そして、きっちりとやらせない塾も多いという事です。

本人がちゃんとやるかどうかに任せてしまっています。

ここを、本人任せにせずにしっかりと確認し、直しをすること当たり前という意識を育てることが

勉強の質を上げることに繋がります。

 

学習塾クローバーの考え方

実力は授業を受けるだけでは身に付きません。

授業はもちろん大切です。ただし、授業を受けたときはほぼみんなが理解したつもりになっています。これを確実に自分の中に落とし込むために、宿題が存在するのです。それが、1週間に1ページ程度でいいはずがありません。ここで『出来る子』と『出来ない子』との差がはっきりと出てしまいます。学習したことをしっかりと復習してその問題を自力で解けるようにしておく、そのために宿題なのです。


大切なのは自分自身で考えること。

授業や宿題はテストではありません。だからこそ、よく考えて解くことがとても大切です。生徒は基本受け身です。解き方を教えてもらってその通りに解こうとします。これはそこに、自分の思考力が使われていないということです。解き方を聞く前に「どのようにして解いてみよう」という自分で解こうとする気持ちが大切です。わからない中から何かを考え出す。それが間違っていても構いません。考えた過程に意味があります。本当の実力をつけるには、これが第一歩となります。


わからないこそ、次のステップに進めるチャンス!

平均点ぐらいの人たちは、わからない問題をとばして解ける問題だけを解いていませんか?

それは、悪いことではありません。ですが、どうやったら解けるのかをじっくり考えてみることが、次のステップとなります。おそらく考えた中に何かしらのきっかけがあるはずです。それを見せてくれた時こそ僕たちの出番です。考えたことがどう答えまで繋がっていくかを少しずつ導きます。

これを繰り返すことで一気にレベルアップするはずです。


自分なりの考えをしっかり表現すること。

間違えることは恥ずかしいことではありません。とにかく自分がどう考えたかをノートに書いてください。そこから色々なことを得られるからです。

クローバーは「ノートありき」です。

問題・図・途中式はノートにしっかり書いてもらいます。宿題の空白は、宿題忘れと変わりません。

わからなくても、「ここまではわかった」としっかりアピールしてください。


TOPへ戻る

和泉市緑ヶ丘の個別指導・パズル道場の【学習塾クローバー】

大阪府和泉市緑ヶ丘1-11-16門忠ビル3A
電話番号
0725-53-1239
営業時間
13:00~21:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ